猫もフィラリア症に?
愛猫をフィラリアから守る

猫もフィラリアに感染します

フィラリア症は犬だけの病気ではありません。
実は猫もフィラリアに感染します。

犬と同じようにフィラリアを宿した蚊に刺されることで猫の体内に侵入し、成長した成虫が肺や心臓に寄生することでさまざまな症状を引き起こします。

症状が現れる頃には、すでに重篤な状態になっている場合が多く、命の危険を伴うため、注意が必要です。

猫のフィラリアってどんな症状?

犬のフィラリア症とは異なり、猫のフィラリア症は肺の病気といわれています。

咳や呼吸の異常、吐き気、食欲不振、元気がない、体重減少など症状はさまざまですが、健康的に見える猫でも、実はすでに肺や心臓が大きなダメージを負っていることもあり、突然症状を発症し、死亡することもあるため、寄生されると非常に怖い病気です。

猫のフィラリアの感染経路って?

  1. フィラリアに感染した犬や猫の血を蚊が吸血
  2. 蚊の体内で幼虫が成長し、蚊のストロー上の吸血する器官へ移動
  3. フィラリアを宿した蚊が猫を吸血
  4. 皮膚→血管→肺や心臓

感染の経路は犬と同じです。

猫のフィラリア治療方法は?

残念ながら、治療方法はまだ確立されておらず、対症療法となります。
そのため、まずは症状を和らげるための治療をほどこすことになります。

寄生数や年齢に応じて成虫を取り出すための外科手術を実施する場合もありますが、フィラリア自体がいなくなっても、症状は残るため、投薬を続ける必要があります。

愛猫をフィラリアから守るために

愛猫をフィラリアから守る方法はただ一つ、予防するしかありません。
逆に言えば、犬と同じく、予防薬さえしっかり忘れず投薬し続けることで、100%防げる病気でもあります。

飼い主の責任として、愛猫の投薬時期をしっかり把握し、忘れずに投薬を続けることで、愛猫をフィラリアから守ってあげましょう。

まとめ

動物は話すことができません。
そんなペットをさまざまな病気から守ってあげることができるのは飼い主さんしかいません。

愛猫のちょっとした変化や、しぐさ、サインを見逃さず、すぐに異変に気づいてあげられるようにするためには、毎日スキンシップは欠かせません。

もしもの時のための備えは、愛猫が元気なうちから。

TOP