フィラリア症大辞典

ゴールデンレトリバー

犬フィラリア症とはどんな病気?

犬フィラリア症とは、フィラリア(糸状虫)が犬の肺動脈や心臓に寄生することで、呼吸器や血液循環、その他の臓器に障害を与え、時には命にかかわる怖い病気です。

このページでは、フィラリアがどういう経路で感染し、どういう症状を引き起こすのか、また、感染させないための方法や予防薬の投与に関して詳しく書いていきます。

フィラリアを正しく知ることで、愛犬を命の危険から守りましょう。

フィラリア症の感染経路

フィラリアは蚊を媒介し感染します。
日本では、約16種類の蚊がフィラリアを媒介することで知られていますが、その中でも「ヒトスジシマカ」、「アカイエカ」の二種類が多いと言われています。

どういった段階を踏んで感染するのかを箇条書きで書いていきます。

  1. フィラリアに感染している犬の血液を吸う際、ミクロフィラリア(血液中の幼虫)を一緒に取り込む。この時に蚊の体内に入り込みます。
  2. 蚊の体内で2回の脱皮を経て、犬への感染能力が備わります。
    ※幼虫は14℃以下の気温では成長できないため、冬の間は地域によって、予防しなくても良いのはこのためです。
  3. 感染能力を持った幼虫は、蚊の血を吸う器官に移動し、蚊が犬の血を吸うのを待ちます。
  4. この蚊が犬の血を吸う際に、針から犬の体内にミクロフィラリアが入り込みます。

犬の体内に侵入しただけでは感染したことにならず、当然のようにこの時点では犬には何の症状も現れません。

犬の体内に侵入したミクロフィラリアは、皮下・筋肉で成長します。
成長したミクロフィラリアは血管に侵入→心臓や肺動脈に寄生し、なお成長し続け、3~4か月後に成虫となり、子虫を生み出し始めます。

フィラリア症の症状

フィラリアの症状はすぐには発症しません。
犬が蚊に刺される回数や寄生数、感染部位によって1~2年で症状が出る場合や、10年以上経過してから症状が出る場合もあります。

診断

初期の症状

  • 咳、疲れやすい
  • 運動や散歩を嫌がる
  • 食欲がない

重度の症状

  • 呼吸が浅い(速い)
  • 貧血(散歩、運動中に失神)
  • 腹水がたまる
  • 血尿
  • 咳に血が混じる

フィラリア症の怖いところは、咳以外ほとんど症状がないまま突然悪化し、呼吸困難や重度の貧血などを経て、数日以内に死亡してしまう症例があることです。

フィラリアに感染させないためには?

フィラリア症は、忘れずにしっかり予防することで100%防げる病気です。
確実にフィラリア症を予防するためには、フィラリア予防薬の投与が必須です。

散歩

フィラリア予防薬

フィラリア予防薬は、錠剤、滴下式(スポットタイプ)、チュワブル(おやつタイプ)の3種類があり、いずれも、フィラリアが体内へ侵入するのを防ぐのではなく、すでに体内にいるフィラリアを駆除するためのお薬です。

投薬期間は、蚊が飛ぶようになってから1か月後~蚊がいなくなってから1か月となり、地域によって気温が違うため、お住いの地域の気候に合わせて投薬期間を定める必要があります。

フィラリアQ&A

室内犬
赤ちゃんでもフィラリア予防は必要ですか?

生後二か月から必要になります。

フィラリア予防薬を飲み始める時期は?

蚊の活動が一年中の地域は冬でも予防薬を飲ませる必要があります。地域により差異がありますが、蚊が見え始めて1月後から投薬開始、蚊が見えなくなってから1か月後までとなります。

なぜ冬に蚊がいなくなってるのに1か月後まで投薬が必要なの?

予防薬は吸血されないための薬ではありません。体内に幼虫が残っている可能性があるため、蚊がいなくなってから1か月後まで投薬の必要があります。

最後の投薬を忘れても大丈夫ですか?

フィラリアに感染する可能性が高くなり、それまで継続して投薬していたことが無駄になってしまう場合もあります。かかりつけの動物病院の指示を守り、自己判断での投薬中止は絶対にやめましょう。

フィラリア症は治りますか?

治ります。しかし年齢や寄生状況により処置方法が変わります。主に外科手術での成虫摘出、薬剤による成虫駆除、予防薬の長期投与となります。

猫もフィラリアに感染するのですか?

猫もフィラリアに感染するため、フィラリア予防薬の投薬が必要です。

人間にも感染しますか?

感染します。73か国で1億2千万人以上が感染しているといわれ、感染するとリンパに大きなダメージを与え、象皮病などの症状を発症する場合があります。西郷隆盛もこの病気だった事が知られています。

まとめ

かつて、犬は外飼いが主流でした。
また、フィラリアの予防は一般的ではなく、犬の死因として常に上位に挙げられるのもフィラリアでした。

昨今、ペットブームと共に予防についての知識が広がることで、フィラリアが原因での死亡は圧倒的に少なくなりました。

しかしフィラリアは根絶したわけではありません。
フィラリアは、予防さえすれば100%防ぐことができる病気です。

愛犬を守ることができるのは飼い主さんしかいません。
正しい知識と責任を持ち、愛犬をフィラリアから守りましょう。

TOP